がっつり函館観光
湯の川の隠れた見所
湯の川
湯の川の施設
湯の川の隠れた見所
湯の川のイベント
湯の川のグルメ
五稜郭
五稜郭公園 
五稜郭タワー
五稜郭のイベント
五稜郭のグルメ
湯の川のくれた見所
 
 

啄木小公園

絶景!ドライブ立ち寄りスポット  

啄木が思いをはせた大森浜と啄木一族が眠る立待岬を望むことができるこの場所は、オススメの絶景ポイントです。昼に見る青い海もさわやかですがここを訪れるなら、夕暮れ時がおすすめ!!
是非、レンタカーで函館を満喫した帰り際になんかに立ち寄ってみてほしい。哀愁漂う啄木の像と夕日に赤く染まる海を見つめゆっくりと時間を忘れてみてはいかがですか?

函館市日乃出町25

啄木小公園の啄木の像

石川啄木の銅像があります

啄木小公園の様子

公園周辺の景色

香雪園

風情ある日本式庭園  
1898年(明治31年)に造成された、古く大規模な日本式庭園であり、函館市最大の総合公園。園内には、茶室風の園亭、渓流や煉瓦造の温室など庭園空間が広がっています。
また、大きな広場や、木々溢れる散歩道などもありスポーツや散歩なども楽しむことができます。秋にはきれいな紅葉を見ることも!
休日や、ゆったり観光したいときに家族で足を運んでみてはどうでしょう。

函館市見晴町56番地
香雪園の入り口

香雪園の入り口

香雪園の中

園内にある家

根崎公園

  休日の定番!ペットも満足!?
根崎公園の入り口

根崎公園の入り口

根崎公園の様子

遊んでいる子供たち
この公園内にはアーチェリー場、ラグビー場、少年運動広場、そして犬を放し飼いにして遊ばせることができるドッグランなどの施設があります。そしてとにかく広い!さらに芝生などの整備がきちんとされているので小さいお子さんを連れて外に遊びに行くなら持って来いの場所。また、公園のすぐ真上を飛行機が飛んで行くのも壮観(感動的?)です。日によっては、大空いっぱいのかもめの大群にも出会えるかも!

函館市湯川町3−6

史跡 志苔(志海苔)館跡

  壮大な景色にうっとり・・・

志苔館跡の様子

石碑と看板

志苔館跡からの眺め

志海苔から見た津軽海峡

西側には志海苔川が流れ、南側は志海苔の市街地と津軽海峡に面し、函館市街や対岸の下北半島を一望することができるこの広場は、アイヌの蜂起により攻め落とされたといわれています。そして、そのまま廃館となった跡地は今や、海と空と野原を一気に一望できる絶景を見れるポイントとして残っています。天気の良い日に、家族で散歩したり、夜には花火をしながら海を眺めて見るのもみるのもいいかもしれませんね。

函館市志海苔町

湯の川海水浴場

日本初!ネット海水浴場!?  

函館市営熱帯植物園の裏には湯川海水浴場があります。函館市民のあいだでは「ネット海水浴場」と呼ばれ親しまれています。なんと!日本で始めて海中にネットが設置し安全に泳げるようになっています。
ゆらゆら波で動くおおきな浮き島があり、波の高い日は遊園地の絶叫マシーンよりスリリング!天然の安全なスリルを味わいたいカップルや子供に大人気!!夏休みの旅行の際に楽しんでみてはいかがでしょうか。

利用期間 2006年7月7日〜8月31日
     ※予定
簡易水洗トイレ,シャワー,更衣室,駐車場 有り
利用料金:無料

湯の川海水浴場の様子

夏場は海水浴客でたくさん!

湯の川海水浴場の遊具

人が乗っかることのできる遊具も

白石公園 はこだてオートキャンプ場

暑い夏を函館で満喫!!  

函館市街からも約30分で、函館山や教会、赤レンガ倉庫郡などの観光にもかなり便利!
450人収容可能なオートキャンプ場は、自然とのふれあいを楽しむには最適の場所です。昼は函館観光、夜はキャンプ!家族や職場の仲間、学校の友達同士で思いっきり夏を楽しんで見ませんか?近くには、石崎地主海神社へ続く肝試しコースもあり、涼しくなるにはもってこい!カップル誕生!?なんてことも・・・

函館市白石町208番地

はこだてオートキャンプ場の様子

キャンプ場とコテージがあります

はこだてオートキャンプ場のコテージ

コテージが立ち並ぶ
http://www.hakodate-jts-kosya.jp/c_hakodate.html